洗顔石鹸 おすすめ 敏感肌

敏感肌におすすめな洗顔石けんとは?

刺激の強い化粧品を使うとかゆくなったり、赤みが出たり。衣類が原因でピリピリしたり。普通の人より反応しやすい敏感肌は、スキンケアも慎重になりますよね。敏感肌の人でも、安心して使える洗顔石けんは、どのようなものなのかご紹介します。

 

敏感肌におすすめの洗顔石けんは「皮脂」を補ってくれるもの 

敏感肌の原因とオススメの洗顔石鹸

敏感肌の人は、日焼けをすると真っ赤になってしまったり、髪の毛が触れただけでかゆみを感じたり等々、症状や理由は様々ですが、共通している原因は、ほとんどの場合が「乾燥」であることがわかっています。

 

デパートなどの化粧品コーナーで肌診断をすると、よく皮脂と水分のバランスをチェックしてくれますが、実は、この皮脂と水分がよいバランスだと、肌のバリア機能がきちんと働いてくれます。しかし、皮脂が減ってしまうと、水分を保つことができなくなり、バリア機能が低下。肌が乾燥した状態になり、花粉やほこり、雑菌など、外部からの刺激に対する抵抗力が弱くなります。この状態が「敏感肌」です。

 

さて、ここで洗顔石けんが問題になってきます。石けんは、一般的には、汚れや皮脂を落とす力があるかどうかが、大事ですが、敏感肌の場合、皮脂を落としすぎてはいけないのです。逆に、毎日のケアとして、皮脂成分を外側から補って肌を守るのが重要になってきます。「ホホバ油」「オリーブ油」といった植物性オイルも有効ですよ、と指導する医師もいるほどです。ですから、敏感肌用の洗顔石けんは、皮脂を落としすぎないやさしいもの。そして、皮脂の成分を補ってくれるものほどいいということになります。

 

皮脂を落としすぎない敏感肌向け洗顔石鹸

高級無添加オイルの美容洗顔石鹸【VCOマイルドソープトライアル】

 

VCOマイルドソープは、その商品名の通り“ヴァージン(V)ココナッツ(C)オイル(O)”という植物性オイルが使われています。植物性オイルというだけでも、敏感肌の人には高評価ですが、このヴァージンココナッツオイルの成分の半分を占めるラウリン酸が実は皮脂と似た成分なのです。だから、汚れを落とすけれども、水分バランスを保つために必要な皮脂は残してくれるというわけです。また、このラウリン酸は母乳と同じ成分で、生後6か月までの赤ちゃんが母乳の免疫機能で守られるように、外の刺激から肌を守ってくれる効果があります。敏感肌の人にとっては、まさに一石二鳥の洗顔石けんなのです。

 

敏感肌におすすめな洗顔石けんは「肌を指で触れずに洗えるもの」

前段で触れたように、敏感肌の人は、肌のバリア機能を失っています。したがって、皮膚を指でごしごし洗うというのは、皮膚を余計に傷つけ、バリア機能の低下がどんどん進んでしまいます。絶対にやってはいけないことです。泡の力だけで洗える石けんを選ぶようにしましょう。

 

VCOマイルドソープの泡は、ラウリン酸の泡立ち効果で、専用のネットでたったの10秒、くるくるするだけで、しっかりとした泡が出来上がります。実験では、なんと3時間も、泡がへたらず、同じ形のままでキープすることができました。ボリュームのある泡が、顔と指の間のクッションになって、指が顔に触れることなく、洗うことが可能になります。

 

↓敏感肌にオススメの洗顔石鹸↓

美容洗顔石鹸

 

シンプルな成分であればあるほどよい

 敏感肌の状態になっている場合は、様々なものが刺激の原因になります。余計なものを含まない、シンプルな原材料のものを選びましょう。

VCOマイルドソープは、洗浄成分の界面活性剤、防腐剤や香料、着色料も使わずに作られています。原材料は、植物由来の石けん素地に、ヤシ油、ステアリン酸、ヒアルロン酸Na、水酸化K、水の、たったの6つ。シンプルな石けんです。

様々な原料料の入った、特定の効果が得られる商品へ手を出すのは、肌の状態が落ち着いてからでも遅くありません。

 

 

いろいろな洗顔石鹸を使ったけれど、どれもいまいちピンとこない、という人は多いでしょう。特に相性が現れやすいのが、敏感肌の人です。敏感肌だとちょっとした添加物などにも反応してしまうことがあり、どうしても肌荒れを招きやすくなってしまいます。そのため、出来れば無添加の者の方がよいのですが、無添加の石鹸だと今度は洗顔力が低いということも少なくありません。
そこで今回紹介するのは、無添加でありながら高い洗浄力を発揮するおすすめの洗顔石鹸であるVCOマイルドソープです。このVCOマイルドソープの最大の特徴は、その成分が皮脂と近い成分を含んでいることになります。同じ様な成分のも同士であるため、肌荒れを起こしにくく、敏感肌の人でも安心して利用することができます。では、どのようにして肌に近い成分を実現しているのでしょうか?
秘密となっているのはVCO、ヴァージンココナッツオイルです。このココナッツオイルが肌と近い成分というのにはあまりピンとこないかと思いますが、その成分の半分近くがラウリン酸という成分から構成されています。ラウリン酸というのは母乳にも含まれている成分であるため、人体に近い成分構成の石鹸を作るのにも効果を発揮するわけです。
さらにこのラウリン酸には高い気泡力が含まれているため、洗顔石鹸においては重要な泡を立てる力が強く、しっかりと洗顔をするのにも効果を発揮します。泡がきめ細かく強いことによって、敏感肌の人が気になりやすい洗顔時の摩擦を和らげることが出来、かつしっかりと毛穴の汚れを取ることが出来るためです。化粧汚れなどを取り除くのにも効果的であるため、女性が利用するのにも適しています。
かつ、洗顔効果だけではなくその後の保湿に効果を発揮するヒアルロン酸を含んでいるのもポイントの一つです。しっかりと保湿をしてやることでだんだんと敏感肌の性質が弱まっていくことも考えられるため、じっくり利用できる洗顔石鹸となります。